電脳せどりとは

電脳せどりとは、インターネットを通じて価格差のある商品を

仕入れて、販売していくせどり手法となります。

主な仕入れ先としては

・ヤフオク

・ネットショップ

・メルカリ

・アマゾン

などとなります。

 

電脳せどりのメリット

電脳せどりのメリットは

・家にいながら仕入れが出来る

・店舗で人の目を気にしないで済む

・移動時間がかからない

・全国どこでも仕入れが出来る

・お店が開いていない時間でも仕入れが出来る

・検索したものが資産として積みあがる

などがあります。

 

電脳せどりのデメリット

逆に、デメリットとしては

・直接商品をその場で見ることが出来ない

・検索に時間がかかる

・毎日商品が届いて管理が大変

・いつでも出来るので、ひたすら検索してしまう

などがあります。

 

しかし「時間を選ばず」「場所を選ばず」出来るという点で

副業の方にとって、かなりお勧めのせどり手法となります。

 

なぜ電脳せどりで稼げるのか

現在のように、インターネットが発達していると価格差が生まれにくいので

ネットで仕入れてネットで販売などで利益を出すことは難しいのではないか?

と感じる人もいるでしょう。

 

ただ、現在はアマゾンを初めとして、ヤフオク・ネットショップ・フリマモールなど

数えきれないぐらいのサイトがあり、全ての商品を皆がチェックできる訳では

ありません。

 

その結果、アマゾンでしか品物を買わない傾向のある人は、他のネットショップで

より安く販売していても、それに気づくことなくアマゾンで購入をするのです。

 

アマゾンで買い物をする時に、ヤフオクと比べたり、他のネットショップと

比べたりする人はむしろ少数派です。

 

このように、アマゾンと価格差のある商品を売っているショップを発見し

そこで安く仕入れて、アマゾンで販売することが可能です。

 

電脳せどりに必要なもの

電脳せどりに必要なものを紹介していきます。

・パソコン

・インターネット環境

・クレジットカード

・仕入れ資金

この3つがあれば、誰でも電脳せどりを開始することが可能です。

もちろん、スマホでも仕入れは可能ですが、より効率を良くするため

パソコンを使用したほうが良いでしょう。

 

必要な資金はどのぐらい?

せどりに必要な資金は、仕入れるものによって変わります。

例えば、本などの比較的安価なものを中心に仕入れをすれば

仕入れ資金が少なくても電脳せどりをすることが可能です。

 

ただし、ある程度まとまった額を稼ぐなら、初期費用として5~10万

用意しておいた方が良いでしょう。

初期費用がない方は、「不要品販売」などをすることで資金を貯めましょう。

 

電脳せどりの方法

電脳せどりの方法はたくさんありますが、主に

・ヤフオクなどのオークション仕入れ

・メルカリなどのフリマモール仕入れ

・アマゾンからの刈り取り仕入れ

・ネットショップからの仕入れ

があります。

 

ヤフオクは、常に数十万点の商品が出品されているので、比較的

簡単に仕入れ対象を見つけることが可能です。

電脳せどりを初めてやる場合は、ヤフオクから始めるのが良いでしょう。

 

また、最近人気が上がっている、メルカリなどのフリマモールも

初心者にとって、仕入れがしやすい仕入れ先です。

 

かなり慣れてきた方は、アマゾン本体からの「刈り取り」やネットショップから

仕入れをしていきましょう。

 

その場仕入れ型と構築型

電脳せどりは、その場で完結する仕入れと、構築型に分かれます。

特に、初心者の方は構築するのに飽きてしまい途中で諦める方が

非常に多いです。

 

構築型というのは、一度利益の出る商品を見つけたら、それをリピート仕入れ

ができるようなシステムを組んでいくということです。

この構築をしていくと、例えば1000円利益の出る商品を100個構築すれば

それだけで、10万円の収入が勝手に入ってくるようになります。

 

特に、ヤフオクやAmazon刈り取りは構築型に向いており、ネットショップは

その場仕入れに向いています。

 

1日30分間、このような構築をすることで、「資産を築いていく」ことが可能です。

是非、資産を築いて、自動収益を手に入れましょう。

 

電脳せどり完全攻略マニュアル

電脳せどりをきちんと学びたいという方は、下記のマニュアルを

お勧めします。

 

・ヤフオク仕入れ

・アマゾン仕入れ

・メルカリ仕入れ

・ネットショップ仕入れ

など、多岐にわたる仕入れを全て網羅していますので、あなたの

仕入れの幅を広げること間違いありません。

詳細は、下記の画像をクリック!!

↓ ↓ ↓ ↓

qffaeg